サスーンアカデミーへの美容留学公式代理店、アレスインターナショナル
アメーバブログ,ameba blog はじめてのかたへ、美容留学について 無料カウンセリングお申し込みフォーム 見積り依頼 資料請求

美容留学するなら、本場ロンドンのサスーンアカデミーへ


アレスインターナショナル ライン

 
ヴィダルサスーンバイオグラフィー
1946年 ヴィダルは男女の軍人から成る反ファシズムの民兵組織に属しロンドンでファシズムと戦いました。
1948年 イギリスとアメリカがパレスチナを別け、その後イスラエルが成立された時、ヴィダルはイギリスを離れ、ユダヤ人のホームランドで突撃隊として戦いました。
家族が経済的にヴィダルを必要とした為戦争後はロンドンに戻り、この頃彼は美容ビジネスにおける成功を達成しようと決心していました。
1954年 26歳の時ヴィダルの顧客がスポンサーになりメイフェアのボンドストリートの108番地の3階に小さなサロン第1号店を開きました。
1956年 彼の1番目の妻・エイレン・ウッドと結婚、1958年に離婚。
1957年 ヘアーカットの為に来たマリー・クワントと出会いました。それは彼の人生において特に注目すべき出会いです。この二人の関係はファッションとビューティーの歴史をひとつにしました。
1958年 ヴィダルはニューボンドストリートの171番地に大きなサロン1号店を開きました。ここから1960年代、まさにスウィンギングロンドンの時代、ヴィダルと彼の素晴らしい芸術チームの創造力が爆発していきます。そこから30年間、彼のユニークなヴィジョンに世界中が注目しました。ヴィダルと彼のワークチームはパリ、ミラノ、ニューヨーク、ロンドン、東京でファッションデザイナー、俳優と仕事をし、(ミア・ファロウの「ローズマリーの赤ちゃん」の為の「$5000ヘアーカット」は世界中でニュースになった)、カットとヘアケアは後にサスーンイングとして知られていきます。彼の「洗って、髪を着る」ヘアデザインは、当時まで当たり前だった女性のパーソナルスタイルを永遠に変えたのです。
1954年
 l
1967年
ヴィダルは新しいカットと技術を試み、シンプルでエレガントなスタイルを探し求めた末に発明した有名なボブとファイブポイントカットは「モダン美容の創立者(ファウンダー)」という肩書をつくりました。
1963年 ヴィダルは「ワイルド・アフェア―」の為ナンシ―・クワンを有名なボブカットにしました。
1964年 ニューヨークのピエールホテルのヘアーショーはニューヨークタイムスのヘッドラインで「ヴィダル・サスーンは空想家。髪は2度と同じにはならない」と言われた。
1965年 ヴィダル・サスーンのマジソンアベニューサロンが開店。
1967年 ザ・グリーク・ゴッデススタイルの誕生。(パーマを加えたジオメトリック・カット)
「ローズマリーの赤ちゃん」の為に、ミア・ファロウの髪をカット
ヴィダルが新しい技術を模索するのは簡単なことではありませんでした。「髪を切るのに9年、シンプルかつエレガントであり、人の目を引くが自然であるカットをいつも探している」とヴィダルは言いました。「その人の骨組、表情、形を含む全ての外見も考えてスタイリングしていきます。」
ヴィダルはチェーンの美容室をイギリスとアメリカにオープンし、世界中で彼のヘアケア商品が売り出されました。
ヴィダルはアメリカの女優ビバリー・アダムスと結婚。娘のカチャ(1968-2002)、エデン(1973)、息子のエラン(1970)とデビッドをもうけ、1980年に離婚。
1968年
 l
1972年
トロント、ビバリーヒルズ、サンフランシスコ、シカゴ、にヴィダル・サスーンのサロンをオープンし、マンチェスターに戻りました。
1969年 ロンドンでヴィダルサスーンアカデミー第1校を開校。
1973年 サンフランシスコにヴィダルサスーンアカデミーのアメリカ第1校を開校。3ステップシステムのヘアケア商品を発表。キャッチフレーズは「あなたの美しさは、私たちの喜び」
1975年 ヴィダルはロサンゼルスに移住し、世界への出版と放送をしました。彼の「美容と健康の1年」が出版され、新しい番組のプロデューサーからアプローチされたことは彼がTVで有名になるきっかけになりました。また、1975年はドイツ、ミュンヘンにヴィダルサスーンサロンがオープンしました。
1980年 ヴィダルは民間放送番組で司会を務め、200を超えるエピソードが放送されました。
1982年 ヴィダルは反ユダヤ主義の研究のリサーチと情報収集の為のヴィダルサスーンインターナショナルセンターを設立しました。
1983年 ヴィダルはヴィダルサスーンの商品会社をリチャードソン・ヴィクス社(1985年プロクター&ギャンブルに売却)に売却。
1984年 ヴィダル・サスーン社は1984年のオリンピックでアスリートの「ヘアーコンサルタント」として指定されました。これが一番最初のコラボレーションの始まりです。
1989年 ヴィダルは1992年に結婚したロニー・ホルブルックと出会いました。(ロニーとヴィダルはヴィダルに死が訪れるまでを共に過ごしました。)
1994年 ヴィダル・サスーンはロンドンファッションウィークのヘッドラインスポンサーになり、「サスーンステップはロンドンファッションウィークを守る」と告知しました。
2000年 プロクター&ギャンブル社とのビジネスを終わらせました。
2002年 リージスはP&Gと共に、25のサロンと4校の学校を買収し、VIDAL SASSOONブランドの権利を獲得しました。
2005年 ヴィダルはハリケーン・カトリーナの救済活動に打ち込みます。North American Conference on Ethiopian Jewry、「希望への鍵を開く美容師たち」キャンペーンを立ち上げました。
2007年 ミッシェル・ゴードン監督がヴィダルの並外れた人生を題材にしたドキュメンタリー映画「ヴィダル・サスーン〜その男はハサミ1つで世界を変えた〜」の制作を始めました。その後この映画はトライベッカ映画祭でプレミア上映され、評論家の称賛を受けます。
2009年 エリザベス女王から英帝国勲爵士(CBE)を受ける。
2011年 ロンドンデザインフェスティバルで彼は建築家のトーマス・ヘザーウィックから、ヴィダルによって世界中の文化やデザインに対し多大な影響が与えられたことによる貢献が讃えられ、賞が贈られました。彼が人生で受賞したいくつもの賞のうちのひとつです。

出版物 あなたを待たせてごめんなさい、マダム ヴィダル・サスーン 1968年
美容と健康の1年 ヴィダルとビバリーサスーン 1975年
ヴィダル・サスーン自伝 ヴィダル・サスーン 2010年

映画 ヴィダル・サスーン その男はハサミ1本で世界をどう変えたのか

▼アレスインターナショナルが旅行業として加盟しているアソシエーション▼

    

株式会社 アレスインターナショナル
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-9-1 トミナガビル2階
 → to MAP
TEL:0120-40-6667


見積もり | 資料請求 | 会社概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ | 約款
Copyright (C) 2006-2017 ALES INTERNATIONAL Co.,Ltd ALL RIGHTS RESERVED